2016年8月23日火曜日

「はっちゃん」の実は・・・

以前ご紹介した大阪校・吉田八起(よしだはつき、通称「はっちゃん」)。

大阪に住んでいるはっちゃんが、
なぜ東京にやってきたかというと・・・
実は・・・



昨日から放送されているCMの撮影でした

そして、このお仕事が、

実は・・・
彼にとって初めての東京でのお仕事だったのです!
というわけで、はっちゃんの東京初現場をミニレポートします!( ̄^ ̄)ゞ





撮影前日。東京駅で待ち合わせ。
私が学生のころ4年間住んでいた京都で磨いた関西弁と、
特技である“見切り発車ギャグ”により、
はっちゃんとの心の距離を縮めることに成功。
やはり関西の子には私のセンスが通じるのかな~( ̄▽ ̄)


ホテルへ到着すると、
今回の設定が“1964年の少年”ということで髪の毛をカット!
ヘアメイクさんに
「こんなイケメンを昭和風の髪型にするのは、美容師として心苦しいなぁ」と言われつつ


ビフォー
アフター

ご覧のような姿に!!
鏡で自分の姿を見たはっちゃんは
「うわー。ちび○るこちゃんみたいやなぁ」と。

うん、的確…(笑)


撮影当日は早朝にもかかわらず、さわやかスマイル!


髪の毛も思ったより馴染んできました!


実は・・・
50m走は8秒89という彼(テレビ大阪『かがくdeムチャミタス!』5/8放送分より)。
走るシーンがあると聞いてうずうずしてました。


いざ本番を迎えると、
ここぞとばかりに全力疾走したところ、
「これから何回も走るからもう少しゆっくり走って~」との指示が出てしまいました。
で、ですよね~(-。-;



撮影終了後に感想を聞いてみると

いつも(関西)と撮影の雰囲気が違ったけど、それが新鮮で面白かった。
最後スタッフの人たちが『お疲れ様でした~っ!』って拍手してくれたんがめっちゃ感動したわ。

とのこと。
関西弁を文字にするとオネェっぽくなっちゃいますね…



やんちゃそうに見えますが、
実は・・・
周りへの気配りも出来る心優しい子なんです。
心優しいエピソードがこの撮影中何個もあり、
僕も“やさしさ”とは何かを彼に教えてもらいました。

新幹線に乗る直前に、
「なんか急に寂しくなってきたわ。泣きそう…」と言うので、
またまたご冗談を~、と思いながら彼のほうを見てみると



ほんまや!
「また東京に来れるようにレッスン頑張るわ」と泣きながら言われると
血も涙もない私もさすがに心を打たれました。。・゜・(ノД`)・゜・。

あ、うそ、血は多すぎると健康診断で言われてしまいました。(ー ー;)ヤバイ病院行かねば・・・




そんな、はっちゃんの初全国CMを是非ご覧ください!

LIXIL「金バトンの少年篇」(上30秒ver/下60秒ver)
 

~おまけ~
「大阪に帰ったらすぐまた美容室行ってね」とヘアメイクさんに言われたはっちゃんですが、
本人は意外と気に入ったらしく、
そのままの髪型で友達と遊び「お坊ちゃん」と呼ばれたそうです。

あっ!
「はっちゃん」が「ぼっちゃん」になった!!







お、お後がよろしいようで!!☆彡

H.K