2015年10月20日火曜日

そして先輩は空の人となった

こんにちは。
元「No.1ブロガー」よりひさびさのブログ更新です。
今回はひさびさの更新に相応しく、
ぜひとも観に行っていただきたい映画のご紹介です。



小沼組/終戦70周年記念作品
戦争が落とす「影」を背負って生きる人々を描いた映画『空人


太平洋戦争末期、特攻隊に選ばれながら生き残った主人公・橋本は、
自分の代わりに出撃した先輩との「約束」を守らなかった罪の意識にさいなまれて生きてきた。
80代半ばになった橋本は、癌に侵され、余命半年の告知を受ける。死期を悟り、
先輩の墓参りのために山形県天童市を訪れた橋本は、先輩の妹の娘と出会う…。



こちらの映画にテアトルアカデミーから
薄井賢明(特攻攻撃隊・木田役)
窪田克也(特攻機動隊・丸田役)の両名が出演し熱演しております。
また特攻隊員A役で塩原孝信も出演しております。

後列右端:薄井、前列左端:窪田



私もですが、薄井が20代・窪田が10代と、
太平洋戦争について歴史上の出来事でしか知りませんが、
この映画への出演を通して戦争に対する特別な思いが芽生えたようです。

ぜひとも彼らと同じような戦争を知らない若い方々にも観ていただいて
戦争というものを知っていただけたらと思います。



実はこちらの『空人』、10/17(土)より山形県で先行上映がありまして
舞台挨拶も大盛況だったようです!
次回の舞台挨拶は10/24(土)こうのすシネマで決定しております!
13:00~15:05 映画「空人」上映
15:05~15:35 監督・キャストによる舞台挨拶

というスケジュールになっておりますので、
ぜひとも劇場で薄井・窪田・塩原の勇姿をご覧下さいませ!