2015年4月3日金曜日

進級おめでとう!

この春に中学・高校、そのほかいろんな学校を卒業したみなさん、おめでとうございます。

テアトルアカデミーでは、この春中学を卒業したかたを対象に、これまでの「劇団コスモス」から「テアトルアカデミー」に編入するための説明会が各校で行われました。

これからは
「一人前のオトナ扱いされること」
「『芸能を職業とするための』所属であること」
を伝えられ、
もちろんそのためには今までより厳しい部分も出てきますが、やりたいことに専門的に取り組める・自分でチャレンジできることが増えるなど、やりがいも大きくなっていきます。


東京では、説明会の中でアカデミー・同年代の新アカデミー生で選抜されたメンバーで、お芝居の発表をするということが恒例になっています。
内容はドタバタ喜劇でも、「真剣に演技と遊んでいる姿勢を見せる」ことをミッションとして与えられ、自分の春休みを犠牲にして稽古に取り組みます。

これは稽古の様子

そして「歌担当」として、このブログでもおなじみのATSUSEAさんが毎年出演します。
担当者も、スタッフも、そして本人もなぜか「この行事はATSUSEAが出演するもの」と思い込んでいて、「アカデミーに編入するための洗礼」とさえよばれているATSUSEAステージ。

初めてATSUSEAワールドに触れる15歳たちは最初はきょとんとしていましたが、最後はATSUSEAの力技に思わず笑っていました。

これもリハーサル

行事のなかでも伝えられましたが、これからは一人のオトナとして、15歳と35歳は同じ扱いをうけることになります。
でもそれが芸能界。

すでに子役として華々しい出演歴を誇っている人も、中学3年生で入学してすぐテアトルアカデミーに編入した人も、これからは同じ一人のオトナとして、新たなスタートラインに立つことになります。


がんばれ!15歳たちよ。
先輩たちをおびやかす存在になることを期待します!