2014年5月1日木曜日

ディヴィット・ベッカムのピンポイントクロスは神 #4

今年は待ちに待ったワールドカップイヤーですね!


ヨーロッパの各国リーグは残り3試合前後を残した優勝争いの真っ只中となります。
(早々に優勝を決めているリーグもありますが)

そんな中、イングランドのプレミアリーグで先日、
首位のリバプールと、2位チェルシーの直接対決が行われました。

私の応援は勿論、モウリーニョ監督率いるチェルシーかと思いきや、
この試合に関しては、、、、、リバプールを応援してました。

何といっても、リバプールは24年ぶりの優勝が懸かってます。
3位のマンチェスター・シティ戦後のキャプテン、ジェラードの涙に感動しました。


さて、試合はと言えば前半はお互い決め手を欠き、0-0で前半終了・・・かと思いきや、
まさかのジェラード、スベって転倒
 →デンバ・バにボールを奪われる
 →キーパーの股を抜く絶妙なシュートで失点。
(ジェラードはギャグがウケなかったのではなく、芝に足を取られてスベりました)

リバプール、後半に攻め立てるもカウンターで失点、試合は0-2の敗戦となりました。

その結果、リバプール、チェルシー、マンチェスター・シティの三つ巴となりましたが、
残り2試合連勝すれば優勝です。頑張れリバプール!!


by リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ@テアトルアカデミー