2014年4月2日水曜日

それ行け!15才!

春は進級・進学の季節…

劇団コスモス(中学3年生まで)を卒業した15才たちは、
これからテアトルアカデミー(青年部)に進級となります。

カリキュラムも「オトナと同じ」となるため、
全国各地でそのオリエンテーション(説明会)が行われました。

東京ではその中で先輩たちの演技を鑑賞するアトラクションが。

説明会だと思ってきてみたらまさかこんな長尺のものを見せられるとは思ってなかったであろう15才たち。(普通に長編の演劇1本だった)
でも長い時間集中していられるというのもオトナの条件だけどね。
(後づけの理屈だけど)

演じる先輩側にとっても、
「お芝居を観にきたわけでもない人たちをずっと魅きつけていなければいけない」
というノルマは、自分の表現に大きなプラスになったはずです。
(楽しいからやってる、という部分も大きかったけど)



「一人前のオトナ扱い」されるテアトルアカデミーでは責任も増え、厳しい面もでてくるけど、
その分、選択の自由や自分を試す機会も増え、今までよりやりがいも何百倍になるはずです。

オトナの世界へようこそ15才!
オトナってけっこう楽しいぞ!



先輩から一言どうぞ。

某幼児アニメをイメージした衣装で


「待っているのだ~!」