2013年7月4日木曜日

午後八時

午後八時。
東京都新宿区のとある芸能事務所。
二人の中年男がパソコンに向かって黙々と仕事をしている。
「・・・・・。」
「・・・・・。」
「・・・今日、静かですね・・・。」
「・・・そうですね・・・。」
「・・・・・。」
「・・・・・。」
「・・・クール前ですからね・・・。」

そこへ中年女性Sが休憩から戻ってくる。
「スプラッシュ!」
「・・・あれ、Sさん今日遅番でしたっけ?」
「そうよぉー。スプラッシュ!」
「この時間になるとSさん、ちょっと壊れ始めますよね。」
「その、スプラッシュって何ですか?」
「最近の口癖なの。涼しい感じになると思わない?スプラッシュ!」
「近頃、暑いですからね。」
「何だそりゃ。」
「ははは・・・。」

自席に戻るS。男二人再びパソコンを叩き出す。
「・・・・・。」
「・・・そうだYさん、明日燃えるごみの日ですよ。」
「あっそうだ!忘れてた・・・。集めなきゃあ・・・。」
「・・・・・。」
「・・・・・。」
「・・・明日遅番ですか?」
「・・・明日は休みです・・・。」
「・・・・・。」
「・・・・・。」
「・・・・・。」

静まり返った事務所。黙々とパソコンを叩く二人。
向こうではSが小声で「スプラッシュ、スプラッシュ」と呟き続けている。